忍者ブログ
Norlys(ノールリース)-日々のあれこれ
Posted by norlys - 2018.09.21,Fri
今日(という昨日)はスクール@パンツー。

前日もパンツーで登ったけれど、垂壁を中心にトライしたので、多少は余力を残しておいた感じで。

あと。昨日のジムの帰り道に、友達から「(凍傷の)冷えには、きっとヨガがいいと思うよ。血流よくなるから。ヨガやりなよ!」とアドバイスされ、ふぅーむ、そっかー…と、家に帰ってからヨガ入門ポーズを検索して少し試してみたら、あちこちバキバキすぎて泣きそうだったけれど、目覚めてみたらスッキリ(!)。

もしかしたらシンプルに週末の疲れが抜けたタイミングだったのかもしれないけれど、ストレッチも大切だなと、改めて。

で。

いざスクールが始まり、「今日もツナミにトライしましょう~」と宣言されて、あぁちょっと困ったなぁ…と。

ヨレヨレのバキバキからの、ちょいと回復はしたけれど、まだ若干前腕にヨレ感あるかも。。と。

まぁでも、なるようにしかならないので、ツナミのピンク12aにトライ。

先週のスクールで3回リピートして、土曜日に2回自主練したためか、下部は(自分で言うのもなんだけど)スムーズに繋がり、ルーフを抜けたところで、

「あ。全然パンプしてないかも」と。

折しも、隣のルートを登っているジム仲間さんがすぐそばにいたので、鼻息荒くしているのを聞かれるのは厭だなぁ~(笑)と思い、なるべく静かに深く呼吸をするようにしたことが功を奏したのかも。

あー。こういう時ってあるんだなぁ…という、ノーパンプ感でフィニッシュ。

終了点にクリップしながら、思わず「ありがとうございますー!」と言わずにいられませんでした。

(わぁー)

人生初めての12a。ジムだけど。

いや逆に。

パンプのツナミの12aなら、それなりの価値はございましょう(あれかし)。

今年のピンク12aのセットは登りやすいって聞いていたけど。実質11dという声も聞くけれど。確かにそうかもな、とも思うんだけど。

でも、やっぱり嬉しいです。

途中から、あぁこれ登れちゃうなぁ…登れちゃうかもなぁ…と思いながらも手を出し続け、とても集中していたせいか、途切れとぎれにしか聞こえなかったのだけど、途切れとぎれでも聞こえてきた「ガンバ」の声に励まされ、本当に心強かったです。ありがとうございます。

終了点にクリップして、降りてきて、感極まってヒデさんやスクールの皆さんとグータッチ&ハグして、抑えるべきかどうか迷った感情が色々と噴出。(あとで「なんかキャーキャー騒いでいたけど、なんだったの?」と訊かれるなどw)

登れなくても十分楽しいけど、登れたらこんなに嬉しいんだな、とシミジミ…。
そして「おめでとう」と、声をかけてくださった方々にも心から感謝、感謝。

思い返してみれば。

7ヶ月前に割とひどい凍傷にかかり、一時は指の切断を宣告され(たので自主退院>転院して)ぎりぎりなんとか指は元の形を取り戻したものの、機能的には未だ不安定です。血流が滞りやすいようですぐにチアノーゼになるため、どんな猛暑日でもホッカイロが手放せません。

入院直後に幸先も分からないままに半年後のスクール復帰を願い伝えたものの、クライミング復帰直後は「登れるだけで御の字」という具合で(受傷した2本の指の爪が剥がれてしまったため、生え揃うまでカチ持ちもできませんでした)、理想と現実の狭間の暗黒面に陥ること幾度も。9月からのスクール復帰直前でも受傷前のレベルに戻っていない自分に焦りを覚えて右往左往、わたわたしていました。

指の調子は未だに飛躍的な回復は望むべくもなく…だけど、クライミングのグレード的には、ようやくのこと前に進むことができたかもしれません。

クライミングとは、数字(グレード)を追いかけることではなくて、登りたいと願うルートを登りきることなのだ…とは思いますが、なにがしかの数値という指標(グレード)がそこに至るまでの道程の結実であると己に認識させてくれることもあるのだとしたら、それは今日(もう昨日か)の、このルートなのだと思います。
たとえそれがツヨツヨな人にとってはアップの課題だとしても、私にとっては目標でした。

一緒に登ってくださった皆様、励ましてくれた皆様、本当にほんとうにありがとうございました。ありがとうございました。




PR
Posted by norlys - 2018.09.20,Thu
昨日はパンツー。

先週末の3連休は生憎の天気予報だったので、パンツー>ドラツートレ>榛名山ハイキングと、割とのんびりと過ごしたものの、連日遊んだせいか疲労感満載。

特にツナミとドラツートレの強傾斜の影響か腰に危険信号を感じたので、昨日は垂壁トレ。
折しもSW壁がホールド替え直後だったので、アップの後ピンク11aにトライ。
結局3便もかかってしまったけれど、登れて良かった…ほ。

SW壁は短いので1トライのダメージは少ないとはいえ、最後の最後に登れたのは素直に嬉しいです。諦めなくてよかった。
Posted by norlys - 2018.09.14,Fri
昨日はパンツーでスクール。

先々週の土曜日からのべ8連登してしまい、今週はさすがに身体がボロボロ。。
お年頃なのでレストはやっぱり大事だなぁ…と。

連休前のためかジムは割合空いていたので、ゆるりとアップを4本。

それからルートエリアでツナミトレ。

ピンク12aを3回。
もっとも、3本目は登れるところまで、ということでトップアウトはせず。

空気が乾燥してきてコンディションが良くなったのもあると思うし、連登ウィークで登り込んだから多少は持久力がついてきたのか、初めてルーフを越えてカチを取って、あと5手…まで進みました。やふー。

そこから先もまだまだ厳しいのは重々承知しているけど、なんかやっとここまできたー…という感じ。

指の調子は未だに不安定で、冬が近づいてくるので不安しかないけれど、もう当分の間はジムでとことん登り込んでなるべく怪我をしないように気を付けて、外岩は来年頑張ろう…と、ジムモチがふつふつと高まり中。やふー。




Posted by norlys - 2018.09.05,Wed
昨日はパンツー。
週末の天気が悪かったので土日もパンツーで登り、月曜日はライノで、昨日はパンツー。なお、先週は月水は荻パンで火木はパンツー。

たとえ天気が良くてもどのみち外岩はー特に大好きな花崗岩はー指に冷たくて登れないので(未だにジムでも登り始めは冷えてしまう…)、しばらくはジムトレを頑張ろう、と。

とはいえ、ちょっと詰め込み過ぎていて、そういう時は怪我をしやすいので気を付けないと…。

怪我といえば、2年前の骨折から復帰して、ようやくパンツーの11cを1本だけ登れるようになったところで今年の2月に凍傷で入院してブランクが開いてしまい、重症だった右手の薬指は未だに不安定(外観は一応ほぼ元通り)で、昨日やっとパンツーで100度壁にセットされた新しい11cを1本登れたのでした(嬉)。

といっても、「登りやすい」「体感は隣の11bと同じくらい」「登ってないならオンサイト狙った方がいい」と色々と聞いて(聞かされ?w)ていたので、お買い得の課題だけど。(お買い得万歳)

なんなら未だに登っていない11aも11bもあるし、確かに他の壁の11cに比べたらかなり素直なルートだと思うけど。

凍傷でスクールをお休みせざるをえなくなった際に、ヒデさんに9月から復帰する旨を伝えていたので、スクール開始までには元のグレード(11c)に戻っていたいと思っていて、でも全然願うようには戻らなくて、スクールが始まる2日前にぎりぎり滑り込みで目標に届いたので、なんだかミラクル。

自分が頑張ったというよりも、今回のルートセットが歩み寄ってくれた感が強いけど(お買い得万歳!)。

Posted by norlys - 2018.08.09,Thu
昨日は秋パンへ。

寝不足だし台風が近づいていて気圧の変化に弱い自分はジムに向かう時点でヨボヨボ(まぁいつも)。
御茶ノ水の駅に到着したことに気付かず、慌てて飛び出したら、ホッカイロ入り手袋を車内に残置…。
予備のホッカイロは必ず持ち歩いているので、ホッカイロ的には問題ないのだけど。
ホッカイロを手放せる日は果たしていつか来るのかな…。

2Fの新しい課題にトライ。
5Qまではなんとか一撃。4Qは、スタートにヒールをかけて上のホールドを取りに行く設定で、誰もが(自分が見た範囲では)その姿勢でちゃんとホールドを掴めているのに、自分だけとっ…とれない…。自分、人間がちっちゃい、ちっちゃいよ!(笑)。

何度かしつこくトライして、ハタ、と。後で使うフットホールドをカチったらどうかな、と。そうしたら登れました。ほ。

3Qは課題が2つあって、左の方は浅いアンダーからスローパ―をぱしっと取りにいくムーブができず、沈。要練習。

右の課題は3手目の切り替えしが上手くいかず、何度も何度もしつこくトライしたら登れました。嬉しい。

自分の場合は、あまり同じ課題にしつこく打ち込むことはしない性分なのだけど、何度もダメでも頑張ったら登れたよー、というのは、なるほど嬉しい。
Posted by norlys - 2018.08.09,Thu
週末は福島へ。安達太良山の近くにある胎内岩にクライミング&天然温泉を目的に。
クライミングはほとんど岩場の偵察で終わってしまったけれど、川そのものが温泉(下流の温泉街の源泉であり湯の花採取場)という野天風呂を満喫。

したのはよかったんですけど…。

pH1.9の硫黄泉で、指皮がごっそり削がれて指がつるっつるになってしまい…。なんか指紋薄いな~という感じで。

で、火曜日のパンツーでは、ホールドが全然持てない事態に。。

指皮は柔らかい方が自分としてはフリクションが良く、タコや厚くなった指皮をヤスリでごりごり削ったりもするのに。
指先つるっつるだと、こんなにも持てないのか…と。

という訳で、奥壁の黒11bは2回トライしたものの全然ダメ。
新品のガサガサしたホールドならば大丈夫だけど、チョークがたっぷり載っているホールドだと指皮のせいなのか指汗のせいなのか、もうほんとにダメ。

コツナミの赤11bも1回トライしたけど、やはりダメ。

9月になったらスクールに復帰する予定で、それまでにできるだけグレードを戻しておこうと思っていたけれど、結果としてはなかなか戻れないなぁ…と。うーむ…。
Posted by norlys - 2018.08.03,Fri
昨日はパンツーでした。
ジムに辿りつくまでの道のりが暑くて暑くて…もう、ジムに来ただけで「よくがんばった!」というお気持ち…(笑)。

アップでゆるりと2本×2セット。
とにかく暑くて汗だくになるので軽めに。

それから奥壁の11bにトライ。
今日こそは…と思っていたけど、相も変わらず上部核心でテンション。
もう随分とトライを重ねているのに、まったく進歩なし。。
ということで、この日は封印。

しばらくレストしてからSW壁の黒11aに初トライ。
なんでも悪いという評判を聞いていたので、なかなか手を出さずにいた課題。
足を見落としてワンテン。残念。
多少設定が変わったのか、悪いと聞いたので身構え過ぎたのか、自分としてはそれほど悪い課題だとは思わず。
続けてコツナミの赤11bにトライ。これは以前触ってホールドの悪さに驚いた課題。
今回も「わっる…」と思いながら2テンでトップアウト。あぁでも分かってくるとなんとかなりそうな気がしなくもなく。

またしてもレストして、先程のSW壁の黒11aをRP。
体感で、4.5級のボルダーが2本くらい。個人的には好きな課題です。
で、同じルーティンで、コツナミの赤11bにトライ。
またしても2テン。指が開いてきちゃうとダメだな…。また今度。

最後にボルダーエリアで少し。
ルートの課題は距離感が近いので、もう少し大きなムーブを…と思ったけど、もはや身体がヨボヨボ過ぎて結局垂壁/スラブでカチ練。
4Qがゴール取り手前まで進んだのと、もうひとつの4Qを片付けられたのでよし。
Calendar
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 6 7 8
9 10 11 12 13 15
16 17 18 19 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
(09/21)
(09/20)
(09/14)
(09/05)
(08/09)
(08/09)
(08/03)
(08/01)
(07/30)
(07/28)
Profile
HN:
norlys
性別:
非公開
自己紹介:
Norlys(ノールリース)。極光、いわゆるオーロラ。雪の降る季節と雪の降る景色がすき。趣味は編み物。週末は山を散策。

色々と気になることをメモしたり、グダグダ書いてみたり。山の記録はなるべく参考になりそうなことを…と思いながらも思いついたままに垂れ流し。。
つぶやき。
Search
Meteo
Look down on Earth
↑陸域観測技術衛星ALOS(だいち) 「P」ボタンを押すと衛星画像になりますyo
Ads
Comments
[09/23 ヨシ]
[02/06 kacky]
[09/22 kacky]
[07/31 vini]
[07/06 FilsNoel ]
Trackbacks
バーコード
Tool
Log
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]