忍者ブログ
Norlys(ノールリース)-日々のあれこれ
Posted by norlys - 2010.09.28,Tue

山ネタでもクライミングネタでもなく、忘備録。
タイトルに深い意味はありません。

=========================
2010年9月27日 セメントを透明な金属にする夢さらに前進

液晶ディスプレイなどに欠かせない透明な金属の代わりになり得ると期待されているセメントに似た化合物(12CaO・7Al2O3)が、金属のように電気をよく通す理由を東北大学と東京工業大学の研究チームが解明した。

石灰とアルミナというありふれた物質の化合物である12CaO・7Al2O3が電気を通しかつ透明な金属になり、さらに超電導材料にもなることを細野秀雄・東京工業大学教授らが2002年から07年にかけて発見、国内外で大きな関心を呼んだ。細野教授らによる世界の研究者の常識を覆す成果は、0.5ナノメートル(ナノは10億分の1)という微細な「カゴ」の中に、特別な工夫によって多数の電子を入れることで実現した。

今回、細野教授と東北大学原子分子材料科学高等研究機構の相馬清吾助教、高橋隆教授らは、光電子分光という手法により結晶の外に抜き出した電子のエネルギー状態を調べ、12CaO・7Al2O3の「カゴ内電子」の直接観測に初めて成功した。これにより、セメントと同様の化合物が透明な金属さらには超電導体となるメカニズムが、予測されていた通り「カゴ内電子」によることを確認した。

透明な金属は液晶ディスプレイやテレビなどに欠かせない材料だが、現在は海外から輸入しているインジウムという希少金属に頼っている。細野教授らのこれまでの研究成果は、ありふれた元素から成る材料でもナノ・テクにより新しい機能を発現できる可能性を示したとして、昨年スタートした最先端研究開発支援プログラム30課題の一つに選ばれている。

(以下略)

(サイエンスポータル編集ニュース)
=========================

アルミナセメントというセラミックスの絶縁体が、伝導性の高い物質に変わるらしい。自分にはよくわからないけど、とりあえずすごそう。うん。

とはいえ、個人的には、新素材として期待される伝導性はともかく(おっと)、「透明な」という点が気になるところ。ごく単純に「透明なセメント」というものを見てみたい。
いわゆる耐火セメントとしてのアルミナセメントは白色不透明だけど、C12A7の単結晶はガラスみたいに無色透明。(CA12A7エレクトライドは有色。グリーン色バージョンがキレイ)。

セメント的に素材自体はありふれているけれど、そもそも単結晶を製造する工程が複雑なのかな。。ふむ~。

PR
Posted by norlys - 2008.12.19,Fri

風邪がぐずぐず治らず、ずるずると鼻をすすりながら、入稿間近の広告原稿を作成中。
(鼻づまりで味覚完全消失状態なのに週末の山行で食担って、ほとんど闇鍋状態になりそうな。。w もっとも天気予報が怪しいのでどうなることやら。。

一般向けの媒体で、前回やわらかめの広告を掲載したらそこそこ反響があったので、今回はさらにやわらかめ路線。いわゆる「愛情一本」系。
ただちょっとヒネりを入れすぎたような気もして、狙いが伝わらないような気もして思案に暮れつつ、行きつ戻りつ。

しかしまぁ、最近は情報のチャンネルもトラフィックもやたらと多い世の中なので、Web広告とかもモロ出し直球系ばかりが氾濫しているよな。イメージじゃなくて脊髄反射系。パッと見た瞬間にクリックさせてやる! という意気込みに溢れていて、正直ちょっとうっとうしい。

人の弱点を目がけてぶすっと串刺しにして「不安だろ、なぁ不安だろ?」とガクガクと揺さぶって「アナタに足りないのはコレなんだよ!」と目の前に突きつけるようなのは、ああいうのはちょっとどうなんだろう。。

Posted by norlys - 2008.11.19,Wed
ただいま広告データ制作中~。

掲載紙は割合お堅めの専門誌なので今まではマジメな内容にしていたけれど、今回はスペースも小さいからいいや~と、インパクト狙いのキャッチーな面白系に仕上げてみました。(←超自己満足)

まだまだこの先、暗くて長いトンネルの中を手探りで歩き続けるような景気状態が続くとしても(まぁ、まず間違いなく続くのだろうけど)、束の間でも和んでいただければいいな、と。そんな期待を込めて。

もちろん製品が売れたらうれしいけど(というか、売れないと食べていけなくなるので困るけど)、正直なところあんまり急に忙しくなっても困るので、ぼちぼちっとでいいです。

社員さんを雇ってその家族を養って。。という形での社会還元はまだちょっと難しいので、それはまだできないのだけど、ほんのちょっとでも同じ業界の方たちに、ちょっとだけ明るいメッセージを送ることができたらいいな~と。

そんなささやかな期待を込めて。
Posted by norlys - 2007.12.15,Sat

先日、どうやら銀座の某レストランの床材に弊社の製品が用いられているらしい、との話を聞き、宣材用の写真を増やすべしと足を運んでみました。

なかなか高級なレストランだそうなので、いつもはジーンズばかりの自分ですが、たまにはスカートとやらを履いてみました。なんだかちょっとコスプレイヤーな気分。なんかちょっと癖になりそう(?

久しぶりに足を運んだ銀座の街は、高級ブランドのビルやテナントが一層ひしめいていて、人出もかなりの賑わい。全体的に一段とネオバブリー化が進んでいるような。。庶民な自分の引け目かもしれないけど。

まぁ、斬新なデザインの建築やディスプレイが多いので、現代アートのインスタレーションとして楽しむ分には面白いです。

で、予約ナシで件のレストランに突撃してみたら、案の定玉砕いたしました。あはは。
本日はご予約の方でいっぱいだそうです。
だから言ったのになぁ。。>社長

幸いにも上の階のカフェが空いているとのご案内。すごすごとそちらに移動。
カフェのインテリアもレストランと同系のインテリアで、やはり社の製品が用いられているそうなので、結果オーライです。
それにしても、さすがは銀座の高級カフェ。コーヒーと軽食を頼んだらおひとりさま軽く3,000円以上吹っ飛びます。ここはいったいどこのオスロ?
いや、お値段相応のサービスと味は保障されていますけど。。

DSCF5900_s.JPG← これが例の床。(これだけでどこのお店かわかったらすごい...)

製品の上からさらにクリアラッカー剤が塗布されているというのは聞いていなかったので、こちらの勝手な予想に反してたいへんツヤツヤしていました。

本来は仕上げ剤いらずの製品なのですが、ここでは木材の色づけと保護を目的として用いられたようです。

自分自身は木材の素朴な質感を残したマットな仕上げが好きですが、ツヤ感たっぷりの床面はモダンでスマートなインテリアにマッチしていて、年代やスタイル不詳という感じで、それはそれで面白いなぁ、と思いました。
木材本来の素朴さや重厚感と、近未来?的で鏡面仕上げのようなツヤ感の類まれなる調和。なんて。

大きな窓から入る陽射しが鋭く床面に反射してして、スポットライトを浴びた舞台のようにも見えたり、夕暮れ時の校舎の廊下のようにも見えたり。

いつの時代でもない、どこの場所でもない-という意味では、まさに現代のTOKYOを象徴するインテリアかも。
なんて偉そうなことを言えるほどにはよくわからんけど。。

ぞれにしても。。。家具も照明もどれも素敵(そしてお高そう)。
また、カトラリーやリネンがすべて自社ブランドで統一されていて、「こ、こっそり持って帰りたい」という邪悪な欲求と一瞬戦ってみたり(さすがに持ち帰ってはいません)。

小半時、滅多に訪れることのないオサレな雰囲気を満喫した後、お会計を済ませて向かったエレベータホールに向かい、合板ちっくな壁材を見て一気に夢から覚めました。

あのカフェの空間を包含して支配していた空気から、突然解放された気分。
合板といっても通常ラインよりは高級な製品を使用しているとは思いますが、残念ながら有する雰囲気が違う。。
最後まで夢を見させてほしかったなと、ちょっとそれだけは残念に思いましたとさ。

自分たちが訪れたのは真昼間でしたが、夜はどんな風に見えるんだろう。。
ちょっと気なりますが、懐事情により再訪の予定は今のところありません。残念ですが。

Posted by norlys - 2007.08.10,Fri
たまにはお仕事。

先週、会社のWebサイトへをGoogle Adwordsに登録してみました。
前職でこの系統のWebアプリのローカライズプロジェクトをいくつか担当したことがありますが、まさか自分がユーザーになるとは思わなんだ。人生ってちょっと不思議。

クリックされるごとに積み立てた金額がどんどん減っていくのをどきどき見守りながらも、キャンペーンを張ってキーワードと単価を設定してなんとなく成果が上がったような気がするとそれはそれでうれしかったり。
なんとなくギャンブル感覚っぽいところがありますね。

SEO対策のための最適化~など細かいところはまだまだ分からないので、ヘルプページを漁りつつ試行錯誤。

ワンクリックの金額は小さいものですが、数が増えればそれなりに。
一応、月額の上限予算を設定してありますが、月初めにアクセスが増えたら後半の予算がなくなってしまうのでいかに最適化するかがポイントと、前の仕事で本業の方に伺ったお話しを思い出しつつちょこちょこ調整。

どうかどこぞで祭られたり、むやみにF5アタックを受けませんように。。。と祈るばかりです。いや、万が一にも祭りが発生したらAdsenseで逆収入もありなのかな。いやはや、Google抜かりないなー。

どうしたらモノが売れるのか? というのは、製造業にとっては永遠の課題ですが、対費用効果の高いPRを行うにはどうしたらいいんじゃろーと悩ましく。。

インターネットのユーザーだけが潜在的な顧客ではないので、いつかはカンファレンスやらセミナーやらを開催したら面白いかなぁとか、考えること自体は楽しいのですが、いかんせんまだまだ勉強不足です。精進しないと。

イベントといえば。
ギャンブルは苦手なのでパチンコはしませんが、なんかいまどきのパチ屋ってミョーに煽り系でイベントを謳っているよなぁ~と不思議に思っていました。
イベント自体は昔からあるのかもしれませんが、煽り文句のトーンが無駄にヒートアップしているような。街のパチ屋で煽りポスターを見るたびに苦笑。

なんかの間違いでひょっこり2chのディスコ板を覗いてみたら(そんなのあったんだーw)、むかーしのいわゆるディスコの経営母体が大手パチグループと一緒とのカキコを見てなんとなく納得。いかんせん2chなんで、ウソかマコトかは信じるもの次第っちゅー感じですが、うーむ、匂いがなんか似ているような気がします。

好きな人は好きなんでしょかねぇ、ああいうの。

それならそれで、キーワード戦略としては正しいのかもしれませんが。わたし自分がターゲット層じゃないというだけで。

そういえば。別分野の取り扱い製品が、1年半前にテレビでちょこっと紹介されたことがあって、放送直後は電話回線がパンクするくらい多数のお問い合わせをいただいたのですが、その後2週間くらいでぱったり問い合わせは途絶えました。それはもう面白いくらい。

テレビで紹介されたというだけで、おおこれはすごいと飛びつく人ってホント多いなぁとしみじみ思いました。テレビの情報バラエティー番組って、ほんとうによくできたマッチポンプだなと。

かと思えば、1年半たった今でも、以前テレビで観て。。。とお問い合わせくださる方がぽつんといらっしゃったりもします。メモをして、それを大事にとっておいてくださったのだと思うと、なんかこういうのはうれしいです。
Posted by norlys - 2007.07.18,Wed

今日は突発的にWebサイト用のバナーを作成。
本職に依頼する予算のない自転車操業です。

個人的に、コンクリート壁一面に鮮やかな緑の苔がパラドキシカルでお気に入り。
イメージの力はすごいな。と、自己満足。

header_pr_ns_07.jpg





調子に乗ってTシャツのデザインのドラフトを作成。
love_concrete.jpg
Tシャツを作る必要なぞまったくもってナイのですが、近所のプリント屋さんでオリジナルTシャツのプリントを扱っているのを見て、ちょっとやってみようかと。

コンクリートの主要劣化原因がずらずら並んでいて、しかも英語でなんかカッコ良さそう~w という点が自分的にはポイント。映画のクレジットをイメージしようと思いつつ、血迷った一品。というか、自己満足の境地。

が、万が一実際にTシャツ化してお客様にあげたら、「英語じゃわからないよ」ではなくて、「なんで××(コンクリート劣化原因)が入ってないの」とか、「設計ミスはまずいでしょ」とか、妙な突込みが入りそうな予感もしたり。。もちっと練ろう。。

Calendar
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
(11/21)
(11/21)
(11/20)
(11/16)
(11/16)
(11/16)
(11/09)
(11/09)
(11/06)
(11/06)
Profile
HN:
norlys
性別:
非公開
自己紹介:
Norlys(ノールリース)。極光、いわゆるオーロラ。雪の降る季節と雪の降る景色がすき。趣味は編み物。週末は山を散策。

色々と気になることをメモしたり、グダグダ書いてみたり。山の記録はなるべく参考になりそうなことを…と思いながらも思いついたままに垂れ流し。。
つぶやき。
Search
Meteo
Look down on Earth
↑陸域観測技術衛星ALOS(だいち) 「P」ボタンを押すと衛星画像になりますyo
Ads
Comments
[09/23 ヨシ]
[02/06 kacky]
[09/22 kacky]
[07/31 vini]
[07/06 FilsNoel ]
Trackbacks
バーコード
Tool
Log
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]