忍者ブログ
Norlys(ノールリース)-日々のあれこれ
Posted by norlys - 2018.02.01,Thu
先週末は戸台へ。
とはいえ、丹渓山荘から上流だと1泊2日だと自分には厳しいので、手前の下ニゴリ沢と歌姫ノ宿をワンデイ&ワンデイ、のつもりでした。

下ニゴリ沢は以前戸台でのアイスクライミングの最終日に訪れようとして沢筋を詰めたら、なぜか歌宿バス停に出てしまったところ。なので、リベンジ。

前と同じ轍を踏むまい…と、今回はスーパー林道からアプローチ。
F1の終了点が林道のガードレールだということなので、これなら絶対に…!見つけられるハズだったのですが。。

結果から言えば、下ニゴリ沢は初日に見つけられず。
氷の雪が載っていたためか林道からは判別が難しく、翌日は気温が上がり氷が露出していたため「なんでこれが見つけられないの?」というくらい、くっきり…。どうも下ニゴリとはご縁がなさそうです(がっくし)。

というわけで、日曜日に歌姫ノ宿を2Pに切ってリード&フォローで登りました。
1P目の中間部がバーティカルで面白そうだったけれど、足がどうにもこうにも…なので、1P目はフォローさせてもらい、自分は2P目をリード。

氷は下部が硬く、上部は若干流水あり。
さすが自然の氷は表情が豊かで楽しいな…!と思ったけれど、この氷瀑、実は林道維持のための導水管によって生まれたもの。天然だけど人工。別にどちらでもいいけど。それは下ニゴリも同じで、F2には落石防護ネットがかかっていました…。

林道歩きが長く、怪我をした右足の痛みが再発。帰りの車の振動は生きた心地がしませんでした。生きてたけど。
ただ、歌宿の広場から見る鋸岳も甲斐駒から駒津峰、双児山に至る稜線もそれはそれは美しかったです。
PR
Posted by norlys - 2018.01.17,Wed
年末年始は、四国は高知県の大堂海岸でクライミング。
2017年12月28日夜に出発し、29日午後に現地入り。2018年1月7日朝に現地発。
都合、8日間滞在、のべ6日間のクライミング。

大堂海岸は2年振り、3回目。
2013ー2014年の年末年始が初めて。2015ー2016年の年末年始が2回目。2017ー2018年の年末年始が3回目なので、隔年というところ。

なんだかんだいっても四国は、さらに高知県の西の端の、豊後水道を隔てて九州が見渡せる場所は遠いので。。

気持ちが持って行かれすぎて、以前はなかなか記録が書けなかったけれど、今回は書いておこう、と。

うんとこしょ。

12月28日に都内を出発。
3人で運転を交替しつつ(とはいえ役立たずな自分。ごめんなさい…)、29日の午後には高知県大月町に無事到着。グーグル先生によれば全行程986Km。長い。。

Uご夫妻と合流し、まず向かうは山田鮮魚店さん。
お母さんも息子さんもご健勝でなにより。
年末年始の滞在期間中のお魚を予約。

からの、スーパーで買い出しして、予約していただいた貸しアパートにチェックイン。快適。

おいしいお魚とお酒で乾杯。こんな素敵なことがあっていいのか…という非日常感。万歳。

こうして、年末年始の大堂海岸ツアーが始まりました。

クライミングの詳細はまた今度。
Posted by norlys - 2018.01.17,Wed
先週末は今シーズン初めての城ヶ崎へ。

初日の土曜日はこさいつなへ。
「忍者(5.10d)」が宿題のままだったので。

太陽は眩しいくらい陽射したっぷりだったけれど、寒波の影響で気温は低い。
しばらく雨は降っていなかったはずなのに、アプローチ途中の岩はところどころしっとり。
結露?

ルートは午前中は日陰。岩も冷たそうだし、アップがてらまずはトップロープで。
乾いてるよーと聞いて取り付いてみたら、なんか変。
岩がつ、つめたい…。なんてものじゃない。
潮と冷たさでぬるぬる。。TRで良かった…。

強ければコンディションがイマイチでも楽しめるかもしれないけれど、自分にはちょっと…というか完全に無理。

TRで3回。このルートは潮が高いとビレイ核心になるので、もうちょっと色々とコンディションが揃ったときにまた。

最後におとじろうから回ってファミリーへ。今年は磯が上がったのでエリアの移動が楽。

日曜日は門脇﨑へ。スクラップを見学。
珍しく乾いていて、とてもそそられたのだけど、とてもじゃないけど今の自分には無理そうなので見学のみ。

それからすぐ近くの門脇南の磯へ転進。風はなく暖かい…というか、暑い。
寒くてもぬるぬるだけど、暑くてもぬるぬるw

久しく花崗岩ばかり触っていて、いかにフリクション頼みのクライミングをしていたのか思い知らされた感じ。繊細なフットワークとか、フェイス的なムーブとか、タイトにセットしなければ滑り落ちそうなカムやナッツのセットとか、城ヶ崎的な諸々にいちいち面食らう…。

決して嫌いではないけれど、断然得意でもない。

「海が見える(5.10a NP)」にトライ。
途中、染み出した狭いクラックにマスターカムの青を突っ込んだものの、濡れてぬるぬるした部分へのヘッドの押し込みが浅く、斜上して大きなムーブを…起こす勇気が湧かず、敢えなくテンション。。弱いー。
ただ、スモールカム下にセットしたキャメが回収時に見たら動いていたので、万が一を考えたら突っ込まなくてよかったのかもしれない。ちょうど良いサイズのカムが手元になかったし。

自分が弱いことは十分分かってるけど、凹む。凹むけど、でも一見すっきりしているようで実は割と複雑なルートの、その先の見えない感じはとても楽しかった。

ルートが屈曲してやや傾斜があるため、下部のカムをフォロー回収しながらカムセットを確認。2度めのトライでRPしました。

最後は「チャームポイント」をTRでお触りして終了。

年末年始の大堂海岸遠征でカム一式をメンテしたばかりなのだけど、再びシークリフだったので、またメンテしなくちゃいけないけど、カムをいじっている時は幸せなので、よかよか。

***この日登った(触っただけの)ルート***
2018/01/13
/*城ヶ崎、こさいつな
・忍者(5.10d NP)-TR。3回。ぬるぬる核心w
2(3?)シーズン前にTRでノーテンだったのに、今回は2回目だけノーテンでした。弱くなってる…と思ったけれど、よく考えたら、怪我してグレード落ちて戻ってきて…だから、さもありなん。

/*城ヶ崎、ファミリー
・シスタークラック(5.8 NP)-再登。杉野さんの魅惑のトラッドだと5.9だけど、以前は5.8だった気がする。どちらでもいいけど。

2018/01/14
・海が見える(5.10a NP)-×。以前1度だけ訪れた時、染み出しが酷くて波も高くて取り付けなかったルート。杉野さんの魅惑のトラッドには「トポには510aとあるが実際には10bくらいつけてもいい。」とある。どちらでもいいけど。
・海が見える(5.10a NP)-RP2。1便目でテンションをかけた個所も、2回目はカムがしっかり決まったので安心。
・チャームポイント(5.10c NP)-TR。2回。1回目はフィンガーパートで手順を間違えてしまいワンテン。分かってしまえば、か。オンサイト能力低いなぁ…(今更)。

Posted by norlys - 2017.12.27,Wed
週末は瑞浪へ。
瑞浪は4回目(かな)。

土曜日。
まずは、まだ触ったことのない「アタックNo.1(5.10b B&NP)」にトライ。
オンサイトではなく、フラッシュ。
でもクラックは正直なにをやっているのかよく分からなくて、なんだか大変そうだなぁ…ということしか分からないw

出だしのフェイス部分が見た目よりしんどかった(苦笑)。
クラックパートはジャミングが多彩で面白かった。しんどかったけど(苦笑)。

それからご一緒させていただいた方のTRをお借りしてアダムに初トライ。
全然スタートできません...(
なんとかスタートできても、一手一手が厳しいです(

でも楽しいな、楽しいな。
ワイドクラックも好きだけど、フィンガークラックも好き。厳しさに目が覚める感じが。
好きなのに登れないのは、フィンガークラックが私のことを好きではないからです(切ないのう、切ないのう)。

日曜日。
さて、なにをしましょうか。あ、あれ。
以前TRでお触りした「ハッピィクラック(5.10a NP)」。あの時はまだ髄内釘が入っていた頃だったっけ。最終的にムーブは繋がったはずなんだけど、覚えてないや。

とりま1便目。行き詰ってしまって、あえなくテンション。あちゃー。
少し休んで2便目。分かってしまえば、でした。

それから再びこの日もアダム祭りに参加。
昨日と同じくTRをお借りして(ありがとうございます)、2回ずつトライ。
1回目に穴を繋いでムーブを作ったらすんなりスタートできました。アダムならぬアナダムw

最後に「アームロックききますか」へ。
たいして登っていないけれど、結構疲れたしもう陽も傾いてきて寒かったし、登らなくてもいいかなぁ…なんて思ったけれど、TRだったらいいかぁ…と。

で、離陸。
岩が冷たくてフリクションが最高だったお陰かもしれないけれど、なるほどアームロックがバチ効きでした。自分でも驚くほどするりとあっさりと(ただし、ぜいぜいと肩で息をしながら)登れました。
前にうんともすんともできなかったのはなんだったんだろう。今と何が違うんだろう。。

やっと少し、クラックが分かってきたような気がしたのでした。

***この日登った(触っただけの)ルート***
20171223
/*瑞浪
・アタックNo.1(5.10b B&NP)-FL。なんでかな。登る直前まで10aだと思い込んでました。短いルートの多い瑞浪の中では長さもあり、内容も多彩。
・アダム(5.11b NP)-TR。短くも美しいフィンガークラック。厳しくも楽しい。
・アダム(5.11b NP)-TR。

20171224
/*瑞浪
・ハッピィクラック(5.10a NP)-×。ボルダーとして登られそうなくらい短い。短いけれど傾斜あり。
・ハッピィクラック(5.10a NP)-RP。5便目くらい? ムーブとカムセットを整理したら登れました。ハッピィ。
・アダム(5.11b NP)-TR。アナダムならスタートも楽々。でも結局核心は厳しい。
・アダム(5.11b NP)-TR
・アームロックききますか(5.10a NP)-TR。効きました!TRだけどw 次はちゃんと登ります
Posted by norlys - 2017.12.07,Thu
書かなくてもいいけど、書かないでいると忘れてしまいそう。。

11月の最後の週末は弾丸名張。
弾丸というのは、自分たちの中だけでのワードだけど、金夜発で日曜帰り、ということ。
週末で名張まで行くと、どう頑張っても岩場の滞在時間よりも車に乗っている時間の方が長い。おまけにこの日は飛び石連休だったこともあってか、帰りの東名高速の渋滞がハンパなかった…。

でもたくさんの方々にお会いして楽しい時間を過ごすことができました。本当にありがとうございました。

20171124
/*名張、屏風岩
・クラックベイビー(5.8 NP)-再登。アップ。
・クラックベイビー(5.8 NP)-再登。アップその2。
・ユビキタス(5.11b NP)-TR。全般的に思い出せない…
・ユビキタス(5.11b NP)-TR。出だしは分かったけど、中間部がわからん
・ユビキタス(5.11b NP)-TR。中間部もやっとわかった!あとはガバ…と思ったらヨレていてすぽーんww。もう少し登り込んだら、ちゃんとリードしてみたいです。

20171125
/*名張、第一岸壁奥壁
・むささび君の休暇村(5.10b NP)-TR。リードしようと思ったけれど、ムーブが固まってなくて逃げた。申し訳ない。
・むささび君の休暇村(5.10b NP)-TR。どうしてもフィストからリービの切り替えができない。リードするならばこの部分は右壁を使うしかなさそう…。
・むささび君の休暇村(5.10b NP)-TR。リービのパートで、従来よりも小さなカムを奥にセットしたら一緒に旅ができそうなことが判明。次はリードします。(今回こんなのばっか…)


Posted by norlys - 2017.11.15,Wed
今年の秋は週末ごとに雨が降った。
台風が週末目掛けて訪れては去って行った。

なんてこった…。

だから、「月曜日に休みをとって名張に行こう」という誘い文句はどんな蜂蜜よりも甘く響いた。行っとこう。月曜日は仕事だけど、リモートでなんとかなるだろう。行っとこう。

という訳で、名張遠征、2.5日。

土曜日。
朝目が覚めると、上空は雲がもくもく、路面はしっとり。てか、びっしょり。
岩場は「豪雨です」とのご連絡。あちゃ。
名張の吉牛でぽくぽくと牛丼を食べて、のんびりと岩場に向かい、霧に包まれていることを確認してから地元の酒蔵に移動して日本酒を買い、町のお祭りを覗いてイオンでお喋りして、お昼過ぎに再度岩場へ。屏風岩へ。

ルート自体は若干しっとりながらも乾いている。取り付きはびしょびしょだけど。でもトップロープなので安心安全。

昔一度TRで触って、核心ムーブが全然できなくて、でも今一度トライしてみたかった「パンドラ」にトライ。TRだけど。
下部は快適なハンドジャム。それから核心。フィンガーとピンキーから、甘いフィンガー交じりのハンドジャム。できなくて何度も試行錯誤。
最後に自分なりのムーブは見つかったけれど、成功する確率が低すぎる…。

それに、核心を越えたと思ったら、上部のシンハンドもなかなか苦しい。
あぁ、やっぱり楽しい。。

お昼過ぎからで、夕暮れも早い今の時期だから、登る時間はあまりないかな…と思ったけれど、TRでもう一便。

最後に「パンピングアイアン」をTRで。細い指と長い身体がないとしんどいと聞いていたけれど、フレアしたフィンガーセクションを越えたら、わっとワイド。聞いてないわ~!でも楽しい。

日曜日。
曇りがちで底冷えのする一日。この日もパンドラでトレ。
あわよくばリードしようと思ったけれど、寒すぎて指が弾かれてしまう。結局3便ともTR。一応毎回カムセットをしながら。

3便目でなんとかノーテン。
でも成功率の低さは相変わらず。それに体力ゲージも低い。岩のコンディションが良いだけに残念だけど、またいつか。

月曜日。
お昼には電波の通じる場所に降りなくてはいけないので、気合いを入れて早起きしたら寒い…。
第一岩壁奥壁へ。

ひさしぶりに「むささび君の休暇村」にトライ。
岩は冷たいけれどフリクションは良い。
でもなんでかな、呼吸がうまくできなかった。途中ですとんと動けなくなってテンション。あーあ。

選手交代でTRを張ってもらい、TRで再度。一応カムをセットしながら。
3日連続で登っているせいか、身体がよれていて、アームバーでばんばんと進むパワームーブは出せない。途中からずっとリービになる。膝が入れば楽になるのだろうけれど、自分の膝は太過ぎて入らない。いや一カ所だけ入るけれど、タイト過ぎて抜くのに一苦労。。本気で膝を残置しそうになって焦った。

それにカムを奥にセットしないと邪魔になるけれど、核心部分で5番がスタックする。だからといってノープロで進む勇気はないし…(TRだけど)

少しなにか分かったような、でもああんまりそうでもないような。。
時間があったらしっかりレストして、もう一度トライしたかったけれど、残念ながら時間切れ。
これもまた今度。。

ちっとも強くもうまくもないせいで、宿題ばかりが積み残される。。
でも本当に楽しい。

ローカルの皆様に色々とお世話になって、とても楽しい時間を過ごすことができました。いつもありがとうございます。
Posted by norlys - 2017.11.06,Mon
久しぶりに秋晴れの予報の3連休。
金(祝)と土曜日の2日間で瑞牆へ。

ここ3週間ずっと週末は雨模様でジムで登るばかりでした。久しぶり。
ただ体調は最悪で、登れない理由ならいくらでもある!というくらい。

それでも抜けるような青空の下で錦秋に包まれた瑞牆の岩峰を眺めると、あぁ来て良かったなぁ…と、しみじみ。
初日の金曜日は末端壁へ。
なるべく息が上がらないようにゆっくりとアプローチ。秋の森は美しいなぁ。

岩場に到着すると、馴染みの皆様がたくさん。連休なので東海や関西からの遠征組の方も多く、まるで名張にいるみたい。逆に、関東の方たちは別のところに遠征しているから、なのかな。

アストロドームに取り付く人は誰もいない様子。これはラッキー。

テーピング等の準備を終えて、ふうっと息を吸い込んで、朝イチでアストロドームにトライ。
岩の感触は悪くない。
登れない理由はごまんとあるけれど、トライしないことには登れるはずもない。

右の逆手を差し込んでガバを取るところで、またしてもまごついてしまいテンション。。
上部まで抜けて回収するか、エイドダウンでいったん降りるか逡巡していたら、ありがたいことに末端壁常連の方から、残りを繋げて登ってカムを回収しましょうか? とのご提案を頂戴する。

ありがたく後をお任せさせていただくこととして、ムーブをおさらいし、自分はロワーダウン。
お陰様で体力を温存することができました。本当にありがとうございます。

秋の夕暮れは早いので、お昼を食べてしばしのんびりしたところで2便目。
2つ目のカムセットで若干手こずったので、いったんクライムダウン。
呼吸を整えてから改めて登り出す。

(以下、ムーブに関する若干の記述がありますが、ここのムーブは手と身体のサイズで人によりけり色々なので…)
2つ目のカムをセットし直し、3つ目のカムを決めて、右手の逆手を差し込み、左手を添えて今一度しっかり手をねじ込み、左手のタイトハンドを決めてガバをとり…あ、できた。

すんなりできた。。

ごく当たり前のようにムーブが繋がって、全然落ちる気はしなくて、ただ、登りきらないとRPにはならないので、バンドに立ち、じっくりとレスト。

振り返る余裕はないけれど、下から応援の声が聞こえてくる。ありがたいなぁ。

あとは上まで落ち着いて登りきるだけ…と、え? 紫キャメが足りないよ? あれ?(カムセットを確認しそびれた…)
まぁ、なんとかなるかー…なるのかなー…と、じりじりと高度を上げて、途中やむなく若干ランナウト気味になりながらもここまで来たら頑張るしかないなーと、じりじりと。

ルーフの下にカムをセットし、一安心。もう落ちない。多分落ちない。もしかしたらスリップして落ちることがあるかもしれないけれど、自分から諦めることはしない。

どうしたことかこの日は残置ビナがなくなっていたそうで、残しておいていただいたヌンチャクにクリップ。
もし1便目でまんまと終了点に辿りついても、残置ビナがなかったら焦って最後の最後に絶望していたかも…。よかった…。

おめでとう~。
という声が聞こえて、あぁ本当に登れたんだなぁ…と。

もしも登れなかったならばそれは自分のせいだけど、今回登れたのは皆様のおかげです。
本当にありがとうございました。

この日アストロドームが空いていたのは、みんなもうすでに卒業していて次の課題にトライしているから。
つまり私自身は周回遅れの落ちこぼれなのだけれど、やはりどうにも嬉しいのです。

去年の7月に大腿骨を骨折し、全治6カ月との診断を受け、リハビリを重ねてがむしゃらにクライミングを続けて、やっとこクラックのグレードを更新できました。やっとこ、怪我をする前の自分を越えることができました。

本当にありがとうございました。

翌日(土曜日)も末端壁を再訪。
寒くなる予報だったので、標高の低い場所に行くことも検討していたのですが、なんだか末端壁の居心地が良くて(笑)。

春うららにTRで触らせてもらうものの、この日は寒くて岩の感触が悪いのと、前日出し切ってしまったのか身体がボロボロで、チェンジングコーナーにセットしてもらった振られ止めを回収するのもどテン山。

春うららトライの人が多い中、ご迷惑をおかけいたしました。すみません…。
で、まぁなんとなく時間があるので、調和の幻想1P目を再登。
T&T待ちをしていたら突然不穏な北風が吹き始め撤収準備開始。間もなく、はらはらと霧雨が降り始めたので下山しました。

***この日登った(触っただけの)ルート***
/*20171103
瑞牆、十一面末端壁
・アストロドーム(5.11a NP)-×。ガバ取りできず。ロワーダウン。G田さん、本当にもう毎回色々とお世話になりっぱなしで…。ありがとうございました。
・アストロドーム(5.11a NP)-RP。今季3日目(TR×3回、リード×4回目)…なのかな。2年前くらいに1度リードでトライしたけれどボロボロでした。それよりももっと昔に、TRで触らせてもらって本当になにもできなかった記憶は未だに鮮明。

/*20171104
瑞牆、十一面末端壁
・春うらら(5.11b NP)-TR。ダメダメ。全回できたはずの出だしのムーブすらダメダメ。
・調和の幻想1P目(5.9 NP)-再登。何度登っても楽しい。


クライミング
HOME次のページ
Calendar
01 2018/02 03
S M T W T F S
3
4 5 6 8 9 10
11 12 13 14 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新記事
Profile
HN:
norlys
性別:
非公開
自己紹介:
Norlys(ノールリース)。極光、いわゆるオーロラ。雪の降る季節と雪の降る景色がすき。趣味は編み物。週末は山を散策。

色々と気になることをメモしたり、グダグダ書いてみたり。山の記録はなるべく参考になりそうなことを…と思いながらも思いついたままに垂れ流し。。
つぶやき。
Category
アーカイブ
Search
Meteo
Look down on Earth
↑陸域観測技術衛星ALOS(だいち) 「P」ボタンを押すと衛星画像になりますyo
Ads
Comments
[09/23 ヨシ]
[02/06 kacky]
[09/22 kacky]
[07/31 vini]
[07/06 FilsNoel ]
Trackbacks
LINK
RSS
バーコード
Tool
Log
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]